日本一愛された戦艦「陸奥」製作記・1回目2007年01月06日 06:05

陸奥を作り始めました
同型艦の長門が2005年7月31日から放置されているのに
ちょっと、簡単に素組で作りたい気持ちになったので・・・

素組とか言いながら
なんか、買ってきているw
完成品製作工房 フクヤの砲身

完成品製作工房 フクヤの「1/700 長門級用」の砲身
ホビット梅田店が閉店するということで
閉店セールで半額で購入してきたものです
一緒に、大和の主砲砲身も買ってきた
・・・副砲のも買って来るべきだったかな

陸奥1番2番主砲
陸奥3番4番主砲
上の写真が、取り付けたもの
以前に、長門で作成した時のと比べると
スキルが上がったのか
綺麗に取り付けることが出来た
長門のは、一部主砲の基部を破損しているから・・・

左:陸奥 右:長門・・・違いは無いけどw
放置している長門と製作中の陸奥を並べてみた
左が陸奥で、右が長門
2年の放置で長門の主砲の真鍮が曇ってしまっている・・・
ちなみに、長門の砲身はフラッグシップの製品です

メーカーが違うと、砲身のディティールも少し違っていて
フラッグシップの方は、砲口部分の広がりが少し大きめ
というか、誇張されている感じです
フクヤの方も広がりはあるけど、控えめという感じです

次回は、艦橋の作成を行おうかな
最初に素組と言っておきながら
またまた、艦橋は開口させようと思っていたり
あ、サイズの合う窓枠のエッチング残っていたかな・・・

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kinu.asablo.jp/blog/2007/01/06/1096150/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。