ニューライン 惣流・アスカ・ラングレー スクール水着2006年07月01日 06:29

水着にツヤが出すぎてしまった
今回は、削ったお尻部分がきれいに処理できたか
もう一度、軽くサーフェイサほかけてチェックして
綺麗になっていたので

次は、腕の接合と思ったのですが
仮組してみると
腕を接合すると
手が塗りにくいことが分かったので
手の先だけでも、塗装することに
そして、お尻の食い込みを直している水着の内側部分も
手があると塗装しづらそうだったので
水着も塗装しました

先日より悩んでいた水着の色
未だに決着付かず
とりあえず、コバルトブルーをベースにして混合した塗料で塗装して
あとは上から重ねようかと……

塗装したら、ほぼコバルトブルー色で混ぜた色が殆ど強調されていない
・・・塗装とは、これほどまでに奥深いものだったのか

まあ、それはそれでコバルトブルーの発色が良いのでお気に入りなのですがw
ただ、コバルトブルーは半光沢の塗料
混ぜたのも「つや消し」は白だけ
いい感じにツヤツヤしています・・・う~ん、微妙
水着だからツヤツヤしているのは良いのだが
ちょっとツヤが出すぎ
もう少しフラットを混ぜるべきだった・・・

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kinu.asablo.jp/blog/2006/07/01/428282/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。